平野恭子のFACEBOOK
岐阜市のテイクアウト店舗

2020.06.25 | BLOG 議会活動

令和2年 第3回岐阜県議会定例会 開会

令和2年6月補正予算が知事より発表されました。6月補正予算は総額1,104億円規模と、過去数年と比べても100倍近い巨額の財政投資となります。
今回の補正予算の中身としては、、県内中小・小規模事業者の資金需要が急増している実質無利子・無担保の「新型コロナウイルス感染症対応資金」の融資枠・融資限度額を増額するための「中小・小規模事業者への更なる金融支援の強化」に約513億円、「新型コロナウイルス感染症対応事業応援補助金の拡充」に約12億円を充てて県内の商業維持に取り組んでいくと同時に、「病院、診療所等の感染防止対策支援」や「医療、介護・障がい福祉施設従事者等への慰労金」「感染症患者受入病床の確保」などに総額約405億円を支出するものです。
知事からは、併せて「現在は県内の新型コロナウイルス感染症感染は散発的な発生に留まっているが、日常にもウイルスがあることを認識し、引き続き感染防止策の徹底が必要」との発言もあり、今後の医療体制確保と予防対策に万全の体制を整える予算になったと考えています。
岐阜県では、感染者と同じ日に県保有施設を訪問した方にメールを送信する「感染警戒QRシステム」の運用を開始しました。国の接触確認アプリ「COCOA」と併せて、予防対策と早期発見の取り組みが進んでいます。私も県議会の一員として、「オール岐阜」体制でのコロナ対策に今後も全力で取り組んで参ります。

(参考)
https://www.pref.gifu.lg.jp/kensei/zaisei/yosan/11105/r2_hosei.data/shiryo2.pdf
https://news.yahoo.co.jp/articles/abe580f636c94b1c897a46795dd338c13db6a86f